TETSUYA KUSU Photography

Issued by one Japanese photographer from the world's end.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

水中写真家。

トゥバタハリーフ 水中 (4)

オリンピックに夢中でブログをほったらかしにしてしまった。
ゴメンナサイ。

ちょっと時間があったので、写真の整理をしていた。

自分で撮っておきながら思わず手を止めてしまう写真がある。
それも、時を追うごとにその触手が動く写真は変わっていく。
上の写真は何の変哲もない珊瑚と人の写真だが、最近はこういうのに目が行く。
とかく写真に自分の色を反映しようとしてしまいがちになるが、目の前に広がるありのままの
自然がフツウに写りこんでいる写真は、地味だけどいつ見ても飽きない。

思えば水中写真をはじめた当初から「水中を表現しよう」ではなくて「水中で表現しよう」とする気持ちが強く、
いままでこのような「水中が写っている」写真にピンとこなかったんだと思う。
でも、これって当たり前のことで、水中に潜る皆が知っていることなんだろう。
今は水中ガイドをやっていた時ほど潜っていないから余計新鮮に感じるのかもしれない。
遅ればせながら僕にもようやく分かって来たw。

水中写真といえば、僕は水中写真が撮りたくてダイビングの仕事を始めた口なのだが、
始めたころはまだ機材も買えず、しょっちゅう上司のタケシに借りたものである。
人のカメラを使って潜りまくり、撮りまくっていた。(いまも行けばいろいろと借りているがw)
マイカメラを持っていた彼は勿論僕より知識も経験も豊富で、僕はいつも教えを請うていた。

いわば彼は僕の水中写真の師匠である。
とは言いつつも、当時はまだまだ素人に毛が生えたほどの未熟な腕前、
二人で試行錯誤してあーだこーだ言いながら撮影をし、バンコクのプロラボに出したフィルムを
いまかいまかと心待ちにして、やっと届いた写真に一喜一憂していた。

今も二人は相変わらず水中写真を撮り続けている。
僕は写真そのものを生業とする写真家として。
彼は「水中を(自分の海を)表現しよう」とする水中ガイドとして。

そんな我が師匠のブログがこれ。
http://take40mura.blog17.fc2.com/

このブログを見ると、あの「写ればラッキー!」だったころに比べるとお互いパワーアップしたなぁ、と思う。
人の成熟度合いや技術の向上により、写真はどんどん円熟味を増してしていく。
しかしそれはまだまだ奥が深く、とどまるところを知らないはずだ。


写真家 クステツヤの公式HPは http://tetsuya-kusu.com/


  1. 2008/08/28(木) 00:56:02|
  2. Philippine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<チャオプラヤーエクスプレス | ホーム | 今ハワイ島にいます。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tetsuphoto.blog51.fc2.com/tb.php/78-1d53e0f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

tetsuphoto

Photographer 楠哲也
写真mixi

タイの小島に6年住んだのちフォトグラファーに転身。タイで培ったダイビングの技術を生かし、帰国後は週刊誌などで水中をテーマにした写真を次々に発表、広告や雑誌の撮影で年間の半分近くを海外取材に費やす。 現在は水陸のスチール撮影にとどまらずタイの国営放送でムービーカメラマンも担当している。
オフィシャルホームページは
tetsuya-kusu.com

※本サイトの画像に関しまして、無断転載、無断使用を禁止いたします。全ての著作権は楠哲也に帰属いたします。画像使用をご希望の際はメールにてお問い合わせください。

twitter

twitter_logo.jpg

フォローしてみてください

mixi

mixi_banner_05.gif

結構ヘビーユーザーかも

facebook

Calendar

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Articles

Books

楠哲也1st写真集
『GORGEOUS』好評発売中!
初期ロットナンバー入り残りわずか!
サイン入りご希望の方は注文時にその旨をお伝えください。

KUSU-hyoushi-9_editedd-1.jpg
ダイバーも、そうでない方にも、タイの水中に広がる色とりどりの水中景観を楽しんでいただける斬新なフォトブック。仕事中のちょっとした息抜きに楽しんでいただけるようハンディなサイズにしました。

【サイズ】 B6 100ページ
【定 価】 2.500円(税込)
日本限定2000部
タイ国政府観光庁公認

ご注文の際はメールにてお問い合わせください。

下記WEB媒体にて『GORGEOUS』をご紹介いただいております。
  • タイ国政府観光庁HP内「LET'S THAILAND」
  • タイ国政府観光庁HP内「メディア情報」
  • スキューバダイビングの総合情報サイト「ダイブネット」
  • タイはタオ島、カオラックにあるダイビングショップ「ビッグブルーダイビング」
  • プーケットのダイビングショップ「マリンクエストダイバーズ」のブログ
  • エイ出版社の敏腕編集長が綴るブログ「なるさの日記」
  • Categories

    Archives

    RSS

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。