TETSUYA KUSU Photography

Issued by one Japanese photographer from the world's end.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

エリトリアへ、再び。

_MG_0958.jpg

ただいまイエメン、サナアでトランジット中。
これからエリトリアの首都、アスマラへと向かう。
久々のアフリカだ。

アスマラで建国20周年記念式典を撮影し、その後前回も行った港湾都市マッサワへ。
紅海に面したこの地は、独立戦争でも重要な役割りを果たした。
いまはのどかな港町、UNESCOの世界自然遺産に登録準備中の海へと潜る。

標高2000mを越えるアスマラはいつ行っても真っ青な空が広がっていて、息をするのが気持ちいい。
そこから西へ向かうと標高は下がり、サバンナが延々と続く。
今回の旅のハイライトでもある、西部スーダン国境方面だ。

初めて行ったのは二年前、その頃の自分と比べると撮影の技術も写真に対する思考もずいぶんと変わった。
しかし、やはり自分が撮る写真には違いない。
どんな出会いがあるのか。どんな絵が撮れるのか。

期待に答える、というプレッシャーすら楽しみながら行ってこようと思う。

  1. 2011/05/22(日) 01:20:24|
  2. Eritorea
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マリンダイビング7月号に岩手ボランティアの記事が掲載&MDF参加します。 | ホーム | WEB-LUEにて『三陸の海を取り戻せ!』岩手ボランティアの記事をアップ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tetsuphoto.blog51.fc2.com/tb.php/230-533a5511
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

Photographer 楠哲也
写真mixi

タイの小島に6年住んだのちフォトグラファーに転身。タイで培ったダイビングの技術を生かし、帰国後は週刊誌などで水中をテーマにした写真を次々に発表、広告や雑誌の撮影で年間の半分近くを海外取材に費やす。 現在は水陸のスチール撮影にとどまらずタイの国営放送でムービーカメラマンも担当している。
オフィシャルホームページは
tetsuya-kusu.com

※本サイトの画像に関しまして、無断転載、無断使用を禁止いたします。全ての著作権は楠哲也に帰属いたします。画像使用をご希望の際はメールにてお問い合わせください。

twitter

twitter_logo.jpg

フォローしてみてください

mixi

mixi_banner_05.gif

結構ヘビーユーザーかも

facebook

Calendar

09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Articles

Books

楠哲也1st写真集
『GORGEOUS』好評発売中!
初期ロットナンバー入り残りわずか!
サイン入りご希望の方は注文時にその旨をお伝えください。

KUSU-hyoushi-9_editedd-1.jpg
ダイバーも、そうでない方にも、タイの水中に広がる色とりどりの水中景観を楽しんでいただける斬新なフォトブック。仕事中のちょっとした息抜きに楽しんでいただけるようハンディなサイズにしました。

【サイズ】 B6 100ページ
【定 価】 2.500円(税込)
日本限定2000部
タイ国政府観光庁公認

ご注文の際はメールにてお問い合わせください。

下記WEB媒体にて『GORGEOUS』をご紹介いただいております。
  • タイ国政府観光庁HP内「LET'S THAILAND」
  • タイ国政府観光庁HP内「メディア情報」
  • スキューバダイビングの総合情報サイト「ダイブネット」
  • タイはタオ島、カオラックにあるダイビングショップ「ビッグブルーダイビング」
  • プーケットのダイビングショップ「マリンクエストダイバーズ」のブログ
  • エイ出版社の敏腕編集長が綴るブログ「なるさの日記」
  • Categories

    Archives

    RSS

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。