TETSUYA KUSU Photography

Issued by one Japanese photographer from the world's end.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

黒い会合in新橋。

d.jpg
※iPhoneにて撮影

たけしさん帰国日前夜は、ユーキ、そしてコアダイバーでありビッグブルーの
ゲストでもあるじゅんくんと僕で、新橋に集まり黒い会合!

まあたけしさん&僕は理解できるとして、ほかの二人は都内大手企業に勤めるバリバリのビジネスマン。
そんなに黒い人、あんまりいないよ・・・w
まわりを見比べるとこのテーブルだけどう考えても浮いている感じでした。

話している内容も腹黒い!?
いやいや、かなり健全で熱い男トークです!というより飲んでるだけか?w
この後も盛り上がり沖縄料理屋へ流れ、気づいた時には3時をまわっていた。。。
結局僕は新橋泊。たけしさんは寝ずに成田へ向かっていきました~!


↓ビッグブルー仲間はタフでなければ!
9/3発『タイ国際航空50th STW主催、カメラマン楠哲也と行くタオ島ツアー』
詳しくはコチラへ


スポンサーサイト
  1. 2010/07/29(木) 01:49:11|
  2. Japan
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

幸福な昼食。

友人宅で昼食~
およばれしたももちゃん家は我が家から自転車で15分。

x.jpg
※iPhoneにて撮影

ももちゃんはダイビングショップ、ビッグブルーでともに働いていた仲間。
この湘南エリアにはタイ時代の友人やお客さんが本当に沢山住んでおり、
ざっと数えただけでも20人近くいます。

一緒に行ったのも近くに住む二人で、タオ島に存在した伝説の日本食屋「ヒデ食堂」の女将
恭子さんと、僕がまだダイブマスターだった頃にビッグブルーで一緒に働いていた卓治。
三人とも考えてみればもう10年近い付き合いになります。

写
※iPhoneにて撮影

ももちゃん家へ行くにはかなりの急坂を上っていくのですが、道中の景色が最高!
眼下には藤沢の町並み、遠くに箱根の山々、冬場であれば毎日のように富士山が見えるはず。
そして周囲はハワイ島を思い起こさせるような家並み。ええとこやなぁ~。

みな気心のしれた間柄、ちょっと集合して飯でもたべようや!ぐらいの気分だったのですが、
出てきたのは庭で育てた野菜をふんだんに使った、ももちゃんお手製料理の数々~!
写真に載っているもの以外にも次から次へと出てきて、最後は手作りチーズケーキでフィニッシュ。

すげ~旨い・・・

まさかこんな豪勢なおもてなしを受けようとは思ってもみなかったのでちょっとビビりましたが、
本当に楽しくのんびりと過ごしちゃいました。
ももちゃん、ありがとね~!


↓ビッグブルー仲間の絆は固い!
9/3発『タイ国際航空50th STW主催、カメラマン楠哲也と行くタオ島ツアー』
詳しくはコチラへ


  1. 2010/07/28(水) 23:37:08|
  2. Shonan
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BIGBLUEDIVINGたけしさん、湘南に立ち寄る。

名称未設定 1※iPhoneにて撮影

ビッグブルーダイビングタイランドのマネージングディレクター、大村健氏が湘南に登場。

ここしかないというタイミングで日本帰国、まさに分刻み的なスケジュールで仕事に勤しんでいます。
オーナー、マネージャーとして活躍する一方、お客様を最前線でケアするダイビングガイド。
比較対象が僕なので分かりにくいかもしれませんが、真っ黒です(分かるかw)。

都内宿泊のちょっとした手配違いもあって、伊豆からの上京途中にタイミングよくテツ家泊となりました。
僕からすれば元上司でありダイビング業界の先輩でありアニキ的な存在の氏。
辻堂駅前のもつ鍋屋でひとしきり近況と今後のプロジェクトの件などを話し合った後、夜中までテツ家で飲み
朝早く都内へと仕事に行きました。

タオ島に帰るまでひといき着く間もないと思いますが、気合いで乗り切ってくださいね~。


↓もちろんビッグブルーダイビング利用です!
9/3発『タイ国際航空50th STW主催、カメラマン楠哲也と行くタオ島ツアー』
詳しくはコチラへ


  1. 2010/07/27(火) 10:26:29|
  2. Shonan
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

龍口寺にて夏を想う。

写真1※iPhoneにて撮影

夕方、暑さが幾分弱まってきた時間帯を狙い、自転車で片瀬まで足を伸ばしてきた。

江ノ島の対面、海側に向かって建っている龍口寺はよく行くお寺の一つ。
忘れ去られたかのように静かで、夏の喧噪を避けるには持ってこいだ。
静かなだけではなく、山がちで趣のある境内には五重塔と仏舎利塔があり、
塔までのぼれば江ノ島もふくめ、あたりが一望できて気持ちいい。

普段はそんな静かな龍口寺も、9月にある龍口法難会の日には夜みせがたくさん出て賑やかになる。
12日の18時と13日の夜0時に大法要が営まれ、参拝者には難除け牡丹餅が振舞われるのだが、
その投げ込まれる餅をキャッチしようとおしくらまんじゅうのようにして今か今かと待つ。

どうやら今日から家の周辺では、辻堂元町の神輿が始まっている様子。
ここ数日はその練習だろうか、近くから聞こえる太鼓の響きを夜遅くまで楽しんだ。
ひとつひとつ、湘南の風物詩を楽しんでいるうちに今年も夏が過ぎていく。


9/3発『タイ国際航空50th STW主催、カメラマン楠哲也と行くタオ島ツアー』
詳しくはコチラへ



  1. 2010/07/25(日) 22:00:00|
  2. Shonan
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かなり乗れてきた。すごい!

写真2
※iPhone3Gsで撮影。2人はiPhone4ユーザーなので触らせてもらってるけど画面めちゃキレイ!
 スピード別次元・・・ iPadの必要性は今のところ感じないが、4には是非乗り換えたい!

はるくん、まいこちゃんは今日もサーフィンへ~!

僕は先日からアバラが痛いので、ボードは持たず一緒に入りました。

ふたりともドンドン上手くなってます!

こりゃこの夏中には横に走り始めるかもな。

サーフィンってともすれば苦行みたいになることもあるけど、

基礎を楽しみながらゆっくりしっかりやれば、さらに楽しい

次の次元が待っているはず。

正しく教わるということの大切さを実感。

僕も早くアバラ直してサーフィンしたい~!


明後日はもしかしたらダイビング行くかも!?
9/3発『タイ国際航空50th STW主催、カメラマン楠哲也と行くタオ島ツアー』
詳しくはコチラへ


  1. 2010/07/24(土) 18:13:47|
  2. Shonan
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

Profile

tetsuphoto

Photographer 楠哲也
写真mixi

タイの小島に6年住んだのちフォトグラファーに転身。タイで培ったダイビングの技術を生かし、帰国後は週刊誌などで水中をテーマにした写真を次々に発表、広告や雑誌の撮影で年間の半分近くを海外取材に費やす。 現在は水陸のスチール撮影にとどまらずタイの国営放送でムービーカメラマンも担当している。
オフィシャルホームページは
tetsuya-kusu.com

※本サイトの画像に関しまして、無断転載、無断使用を禁止いたします。全ての著作権は楠哲也に帰属いたします。画像使用をご希望の際はメールにてお問い合わせください。

twitter

twitter_logo.jpg

フォローしてみてください

mixi

mixi_banner_05.gif

結構ヘビーユーザーかも

facebook

Calendar

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Articles

Books

楠哲也1st写真集
『GORGEOUS』好評発売中!
初期ロットナンバー入り残りわずか!
サイン入りご希望の方は注文時にその旨をお伝えください。

KUSU-hyoushi-9_editedd-1.jpg
ダイバーも、そうでない方にも、タイの水中に広がる色とりどりの水中景観を楽しんでいただける斬新なフォトブック。仕事中のちょっとした息抜きに楽しんでいただけるようハンディなサイズにしました。

【サイズ】 B6 100ページ
【定 価】 2.500円(税込)
日本限定2000部
タイ国政府観光庁公認

ご注文の際はメールにてお問い合わせください。

下記WEB媒体にて『GORGEOUS』をご紹介いただいております。
  • タイ国政府観光庁HP内「LET'S THAILAND」
  • タイ国政府観光庁HP内「メディア情報」
  • スキューバダイビングの総合情報サイト「ダイブネット」
  • タイはタオ島、カオラックにあるダイビングショップ「ビッグブルーダイビング」
  • プーケットのダイビングショップ「マリンクエストダイバーズ」のブログ
  • エイ出版社の敏腕編集長が綴るブログ「なるさの日記」
  • Categories

    Archives

    RSS

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。