TETSUYA KUSU Photography

Issued by one Japanese photographer from the world's end.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

インドから帰国。

20070825112445.jpg

インドに行ってました。

なんと滞在中二日!
仕事とはいえ、こんなに短期間でインドに行くことになろうとは思いもよりませんでした。
渡航するにあたってビザを申請したのですが、相変わらずツーリストビザは
六ヶ月有効のマルティプルなんですね。
ホント旅行者にとってはありがたい話です。
でも旅行していると六ヶ月なんてあっという間。
インドはそれほど時間が経つのを忘れさせます。

旅をしていたころに立ち寄ったインド。
カルカッタ(今のコルカタ)に降り立ち、反時計回りにぐるっと一周しました。
道中、サイババに会ったり、巨大な岩が果てしなく積み重る
ハンピで怪我が悪化し寝込んだり、ゴアではビーチでマッタリし、
聖地プシュカルでは年に一度のお祭りホーリーに参加したり。
バラナシでは目の前を死体とピンクイルカが流れていく中、
ガンジス川でおよぎまくったのも楽しい思い出です。
他にもあまりに色々とありすぎて、結局「こんな国があるんだったらもういいや!帰ろ。」と
わけの分からない理屈でイスタンブールまでの道中を残したままタイに帰っちゃいました。

そういえばその後やな、初めてタオ島と出合ったのは。
本当はイスタンブールアウトするつもりだったから、インドが無ければタオには行ってないんですよね。
インドは人の人生も左右してしまうんですねぇ(笑)。
なんだか近いうちにもう一度行くことになりそうな気がします。




スポンサーサイト
  1. 2007/08/25(土) 11:39:47|
  2. India
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Profile

Photographer 楠哲也
写真mixi

タイの小島に6年住んだのちフォトグラファーに転身。タイで培ったダイビングの技術を生かし、帰国後は週刊誌などで水中をテーマにした写真を次々に発表、広告や雑誌の撮影で年間の半分近くを海外取材に費やす。 現在は水陸のスチール撮影にとどまらずタイの国営放送でムービーカメラマンも担当している。
オフィシャルホームページは
tetsuya-kusu.com

※本サイトの画像に関しまして、無断転載、無断使用を禁止いたします。全ての著作権は楠哲也に帰属いたします。画像使用をご希望の際はメールにてお問い合わせください。

twitter

twitter_logo.jpg

フォローしてみてください

mixi

mixi_banner_05.gif

結構ヘビーユーザーかも

facebook

Calendar

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Articles

Books

楠哲也1st写真集
『GORGEOUS』好評発売中!
初期ロットナンバー入り残りわずか!
サイン入りご希望の方は注文時にその旨をお伝えください。

KUSU-hyoushi-9_editedd-1.jpg
ダイバーも、そうでない方にも、タイの水中に広がる色とりどりの水中景観を楽しんでいただける斬新なフォトブック。仕事中のちょっとした息抜きに楽しんでいただけるようハンディなサイズにしました。

【サイズ】 B6 100ページ
【定 価】 2.500円(税込)
日本限定2000部
タイ国政府観光庁公認

ご注文の際はメールにてお問い合わせください。

下記WEB媒体にて『GORGEOUS』をご紹介いただいております。
  • タイ国政府観光庁HP内「LET'S THAILAND」
  • タイ国政府観光庁HP内「メディア情報」
  • スキューバダイビングの総合情報サイト「ダイブネット」
  • タイはタオ島、カオラックにあるダイビングショップ「ビッグブルーダイビング」
  • プーケットのダイビングショップ「マリンクエストダイバーズ」のブログ
  • エイ出版社の敏腕編集長が綴るブログ「なるさの日記」
  • Categories

    Archives

    RSS

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。