TETSUYA KUSU Photography

Issued by one Japanese photographer from the world's end.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アルノ環礁へ行く。

IMG_1803n.jpg

先日アルノ環礁と言うところにいってきました。マーシャル諸島共和国には首都のあるマジュロ環礁を含め
29の環礁があります。なかには水爆実験を行ったビキニ環礁も含まれます。
僕が滞在しているマジュロ環礁からボートで約一時間、冬場は貿易風の影響で北東の風が吹き、環礁までの
道のりが大荒れとなってしまうためほとんど行きません。
たまたまプロばかりの面子、天候にも恵まれたのでラッキーでした。
とにかくつらいのは道中だけで、行ってしまえば超ベタナギ!透明度50mから60mは下らない、
それはそれはすごいところでした!
貴重なチャンスに撮影のテンションも上がりまくり!
2本のダイビングで4ロール、水面休息そっちのけで撮影。
深場にはマルチカラーエンゼルフィッシュがそこここにおり、減圧との戦い。時間が惜しい!!
ヘルフリッチ、アオマスクは確認できませんでしたが、多数いる様子。。。
浅場は純白の砂砂砂!サンゴ!!ギンガメアジの渦!!!
いや~これだからダイビングはやめられませんね!
おかげさんで帰ってきたらぐったりでした(w。

話は変って写真は船着場のオヤジ。
ミクロネシアの潮風と太陽に何十年も晒された、皺の一つ一つが歴史です。
朴訥とした穏やかなマーシャルの人々。
さらに子供達の屈託の無い笑顔は半端じゃないです。
日本にあんな笑顔のできる子供が増えるといいですね。

シンプルに、生きているのを実感できることはそれだけで素晴らしいものです。

スポンサーサイト
  1. 2007/02/22(木) 18:15:19|
  2. Marshall
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マーシャルJAL直行第一便終了。

IMG_2338n.jpg

マーシャルへのJAL直行第一便は無事日本へと飛び立っていきました。
歴史的瞬間に立会うことができ、ハードではありましたが充実感たっぷりの5日間でした。
一方ではゲストの皆さんに十分なケアを行き届けさせることが出来なかった悔しさも残ります。
多数いただいた貴重なご意見を反省材料に、第二便、さらに恒常的な直行便運行に向けて
より良いものにしていきます。

僕自身は3月22日の第二便までは撮影モードに切り替え。皆さんに少しでもマーシャルについて
知ってもらうべく鋭意取材中です。
マーシャル中を歩き回ってきます!



  1. 2007/02/20(火) 03:50:38|
  2. Marshall
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

マーシャル ファーストインプレッション

IMG_1905n.jpg

マーシャル初のJAL直行便が2月11日から15日、いよいよフライトです!ということでダイバーの皆さんが多数いらっしゃるわけで、
僕も及ばずながらダイブオペレーションのお手伝いをさせていただきます。
ビッグブルーに来ていただいたお客さんももしかしたら
いらっしゃるかもしれませんね!今から楽しみです。
ということで本格的な撮影は直行便の後からなのですが、
ちょこちょこ動いているうちになんとなく見えてきたのがこの国はとに
かく「超ノンビリ」だということ。タイに住んでいた僕が
感じるんだから間違いないでしょう。ただ、少々ノンビリの質が違うように思います。
素朴で朴訥とした人々の中で、「マイペンライ」とは一味違う時間の流れ。
照りつける日差しの強さ、自然の厳しさをより感じさせる場所、人々。ハワイに行ってもサイパンに
行っても感じなかった、太平洋のど真ん中にきちゃった感です。
それがすごく心地よい。
水中は言わずもがなっ!
環礁の外から内に入ってくるダイナミックな水の流れを楽しむポイントや、
マーシャル名物のサンゴポイントなど、まだ数本しか潜っていない
ですが、うわさに違わずすばらしい!

いや~、水中の写真をお見せできないのが非常に残念です。。。
  1. 2007/02/04(日) 12:05:06|
  2. Marshall
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マーシャル到着。

IMG_1766n.jpg


いや~、いろいろとアクシデントはありましたが何とか到着!マーシャルです!!
眼下に広がる青青青!太平洋のど真ん中!グアムからチューク、ポンペイ、コスラエ、クワジェリンと寄航する
アイランドホッパーと呼ばれる路線を堪能しました。いや~長い。でもこれが直行便で5時間40分になれば
いつでもいけますね。画期的です!!まだ潜っていませんが、あの青を見る限り期待せずにはいられない!
写真でお見せできないのが本当に残念。。。

ネット環境があまりよくないので頻繁にはアップできないと思いますが、お楽しみに!

  1. 2007/02/01(木) 13:41:14|
  2. Marshall
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Profile

tetsuphoto

Photographer 楠哲也
写真mixi

タイの小島に6年住んだのちフォトグラファーに転身。タイで培ったダイビングの技術を生かし、帰国後は週刊誌などで水中をテーマにした写真を次々に発表、広告や雑誌の撮影で年間の半分近くを海外取材に費やす。 現在は水陸のスチール撮影にとどまらずタイの国営放送でムービーカメラマンも担当している。
オフィシャルホームページは
tetsuya-kusu.com

※本サイトの画像に関しまして、無断転載、無断使用を禁止いたします。全ての著作権は楠哲也に帰属いたします。画像使用をご希望の際はメールにてお問い合わせください。

twitter

twitter_logo.jpg

フォローしてみてください

mixi

mixi_banner_05.gif

結構ヘビーユーザーかも

facebook

Calendar

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

Articles

Books

楠哲也1st写真集
『GORGEOUS』好評発売中!
初期ロットナンバー入り残りわずか!
サイン入りご希望の方は注文時にその旨をお伝えください。

KUSU-hyoushi-9_editedd-1.jpg
ダイバーも、そうでない方にも、タイの水中に広がる色とりどりの水中景観を楽しんでいただける斬新なフォトブック。仕事中のちょっとした息抜きに楽しんでいただけるようハンディなサイズにしました。

【サイズ】 B6 100ページ
【定 価】 2.500円(税込)
日本限定2000部
タイ国政府観光庁公認

ご注文の際はメールにてお問い合わせください。

下記WEB媒体にて『GORGEOUS』をご紹介いただいております。
  • タイ国政府観光庁HP内「LET'S THAILAND」
  • タイ国政府観光庁HP内「メディア情報」
  • スキューバダイビングの総合情報サイト「ダイブネット」
  • タイはタオ島、カオラックにあるダイビングショップ「ビッグブルーダイビング」
  • プーケットのダイビングショップ「マリンクエストダイバーズ」のブログ
  • エイ出版社の敏腕編集長が綴るブログ「なるさの日記」
  • Categories

    Archives

    RSS

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。