TETSUYA KUSU Photography

Issued by one Japanese photographer from the world's end.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

週末の良き一日&雑誌『一個人』に先日おこなったリゾート取材が掲載されています。

IMG_8345のコピー

※いつも何の脈絡も無い写真でゴメンナサイ。。。
ドバイの、観光客がほとんど行かないローカルマーケットの「カベ」です。。。


上方水中映像祭」が大阪城ホール内、
コンベンションホールにて2月24日(日)に開催される。
仮HP http://www5.plala.or.jp/hiro-dv/kamigata/kamigata_suichueizoumaturi.htm

水中映像に関する数少ない関西での催し物、
僕自身大阪出身ということもあり、出展させていただく運びとなった。
開催日はロケに出ていて日本にいないので、スライドショーのみでの参加。

土曜日にその打ち合わせのため、やまちゃんさんという主催者のお一人の方に、
大阪から東京までわざわざ足を運んでいただいた。

やまちゃんさんはアマチュアながらも水中写真の腕は相当なもので、
過去にビッグブルーで開催された、ジンベエフォトコンテストでも見事グランプリを
受賞しているほどの人物。
ビッグブルーの常連さんでもあり、古くからのお付き合いだ。

午前中は写真集に使用する写真の色見本をもって、私淑する写真家、渡部さとる氏のもとへ。
いろいろと貴重なご意見をいただき、次のステップへの参考にする。

その後、新宿でやまちゃんさんとおちあい、丁度、お互いに見たかった竹沢うるま氏の
写真展、「Rainbow's Legend」へと足を運ぶ。

写真は以前からいろいろな媒体で拝見させていただいていたが、作品としてのプリントを
まじかで見ると、洗練された、一縷のすきも無い一枚一枚に圧倒され、非常に刺激的だった。
氏とは直接面識は無かったのだが、スライドトークショーにも参加させていただき、
初めてご挨拶を交わした。
写真展はPENTAX Forumにて本日までの開催だが、いける人は是非。

夕方にはやまちゃんさんと西口にある水中撮影機材専門店「アンサー」に行く。
店長の野本さんには機材を借りたり、アドバイスをいただいたりと、大変お世話になっている。

買いもしないのに、くだらないことをひとしきりしゃべって店を出る(汗。
(野本さんいつもありがとうございます!)

なんだかんだ楽しくやっているうちに、やまちゃんさんのフライトの時間が来たので、
ぼちぼち山手線に乗って、見送った。

アレ!?打ち合わせは!?

思い出した!夕方にちょっとだけ、カフェに立ち寄ってやった、やった!
やまちゃんさん、少しの間でしたが野郎同士で週末デートしてしまいましたねw。
ご足労いただきありとうございました。良いものを作ってお渡ししますので、ご心配なくw。

このように、週末も何とか価値を見出しながら!?過ごしている。(つもり)


※1月26日発売の雑誌『一個人』に、先日行ったセレンディパーアイランドリゾートの
取材記事が掲載されています。

※楠哲也写真集『GORGEOUS!!』3月発売予定!!
水中からの視点で豪華絢爛なタイを礼賛するフォトブック。必見!

写真家 クステツヤの公式HPは http://tetsuya-kusu.com/


スポンサーサイト
  1. 2008/01/28(月) 01:08:06|
  2. UAE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドバイ、砂漠。

20070926004837.jpg

バリから帰国後、翌日にはドバイにいました。
時差がめちゃくちゃで体がおかしくなりそうなものですが、
機内で時計を現地時間に合わせるとすんなりなじんでしまうので、その点海外旅行には適正があるようです。
しかしほぼ半月動きっぱなしだったのでさすがに疲れて、柄にもなく腹痛でダウン。
昨日は一日中寝てました。

バリではひたすらマンボウと格闘。見るのは簡単なのですが、こと撮影、
さらに自分の思い描く絵を撮ろうとおもうとなかなか大変。
当初こんなに難しい撮影になるとははっきりいって思っていませんでした。
かなりなめてたね、マンボウ君を(笑)。
でもおかげさまでまあまあ良いショットがある程度は撮れたかな!?
驚いたのは前のブログでも書きましたが、ビッグブルー(以前僕が働いていたダイビングショップ)のお客さんに計6名!出会いました。
そのほとんどが偶然の出会い。いや~、ダイバーの世界が狭いのか、ビッグブルーでそれだけの人とお会いしてきたのか、
とにかくこれからもいろいろなところでたくさんの人と再会することになりそうです。

ドバイはドバイでリゾートは快適で最高なのですが(なんとロイヤルミラージュ泊!)砂漠は砂だらけ。当たり前ですが。
摂氏46度、おまけにラマダン(断食)で昼間は外国人も目だって水を飲むのもはばかられる様子。。。
今まで何度か砂漠は経験しているのですが、あれほどきれいな砂だけの砂漠が広がるところは敦煌以来でした。
普通はほとんどガレ砂漠なので。
それでも砂丘を駆け上らないとなかなか撮影は厳しいので汗だくになっての上る上る!時間との戦い!
砂にずぼずぼ足をとられながら機材を砂だらけにして撮影。
結局リゾートではほとんど過ごしていません。。。
セレブな人々が優雅にプールを満喫しているのを横目に僕は砂を落としていました(笑)。

日本に帰ってきたらもう秋でした。最高の、でも一瞬しか無いさわやかな季節を
日本で満喫するつもりです。
  1. 2007/09/26(水) 01:16:58|
  2. UAE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Profile

tetsuphoto

Photographer 楠哲也
写真mixi

タイの小島に6年住んだのちフォトグラファーに転身。タイで培ったダイビングの技術を生かし、帰国後は週刊誌などで水中をテーマにした写真を次々に発表、広告や雑誌の撮影で年間の半分近くを海外取材に費やす。 現在は水陸のスチール撮影にとどまらずタイの国営放送でムービーカメラマンも担当している。
オフィシャルホームページは
tetsuya-kusu.com

※本サイトの画像に関しまして、無断転載、無断使用を禁止いたします。全ての著作権は楠哲也に帰属いたします。画像使用をご希望の際はメールにてお問い合わせください。

twitter

twitter_logo.jpg

フォローしてみてください

mixi

mixi_banner_05.gif

結構ヘビーユーザーかも

facebook

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Articles

Books

楠哲也1st写真集
『GORGEOUS』好評発売中!
初期ロットナンバー入り残りわずか!
サイン入りご希望の方は注文時にその旨をお伝えください。

KUSU-hyoushi-9_editedd-1.jpg
ダイバーも、そうでない方にも、タイの水中に広がる色とりどりの水中景観を楽しんでいただける斬新なフォトブック。仕事中のちょっとした息抜きに楽しんでいただけるようハンディなサイズにしました。

【サイズ】 B6 100ページ
【定 価】 2.500円(税込)
日本限定2000部
タイ国政府観光庁公認

ご注文の際はメールにてお問い合わせください。

下記WEB媒体にて『GORGEOUS』をご紹介いただいております。
  • タイ国政府観光庁HP内「LET'S THAILAND」
  • タイ国政府観光庁HP内「メディア情報」
  • スキューバダイビングの総合情報サイト「ダイブネット」
  • タイはタオ島、カオラックにあるダイビングショップ「ビッグブルーダイビング」
  • プーケットのダイビングショップ「マリンクエストダイバーズ」のブログ
  • エイ出版社の敏腕編集長が綴るブログ「なるさの日記」
  • Categories

    Archives

    RSS

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。